子育てハッピー生活

妊娠・出産・子育て・育児のことをメインに、共働きでの仕事との両立・家事・料理や、気になる・役に立つニュース・ネタとか更新してます。

無痛分娩での出産をおえて-無痛分娩は本当に痛くなかったか-産んだ感想

f:id:kosodate-mama:20150512134807j:plain

このブログを書き始める頃に無痛分娩で出産することを決めた私ですが、無事、無痛分娩での出産を終えましたので、体験談・感想等書きたいと思います。 

無痛分娩を選択した理由

子供が欲しいと思って、妊娠が発覚する前から出産の痛みに対する恐怖が強かった私。北斗晶さんが、クワが頭に刺さるよりも痛かったと言った陣痛って、どれくらい痛いんだろう。。。と、出産はめちゃくちゃ痛いという恐怖から、痛みに耐えられるか不安でたまりませんでした。

kosodate-mama.hatenablog.com

無痛分娩に対しては賛否両論あり、痛い思いをしてこそ母親になれる。と、年配の人では嫌悪感を示す人も多かったですが、痛みによる恐怖がとてもあり、痛くない分娩方法を選びたいと思い、危険性・デメリットなどを充分に検討したうえで、無痛分娩を選択しました。

 

色々な出産方法

最初は、キャサリン妃が出産した方法として有名になった、ヒプノバース・催眠出産や水中出産などを検討しました。しかし、日本でこの方法を行っている産院はかなり少なく、断念しました。その中で、昔からある、無痛分娩や和痛分娩という麻酔で痛みをとってお産をする方法を検討することにしました。

 

日本での認知度

アメリカやヨーロッパ、欧米等の海外では比較的メジャーで受け入れられている分娩方法なのですが、日本ではあまり浸透しておらず、周りでも、あまり無痛分娩で出産した。という人を聞きませんでした。

 

どういう方法なのか?

硬膜外麻酔や脊椎麻酔、 鎮痛剤の点滴・注射や笑気ガスなどを用いる全身麻酔による方法等があるようですが、私は、麻酔を背中のチューブから入れて、そこから注入していく、硬膜外麻酔の方法でした。この方法が一般的な方法なようです。また、産院の事情などによって、方法は異なるかと思いますが、計画的に誘発して無痛分娩で出産する計画無痛分娩の方法と、陣痛が来てから、麻酔をかけて無痛分娩にする方法があります。

 

危険性、デメリット・リスクはあるのか?

自閉症になる可能性が高くなる。というような噂もあるようですが、そのようなことは一切ないようです。実際に体験してみて、デメリットやリスクをあげるとすれば、痛みを経験することができないので、陣痛が来る感覚が分からないので、出産の痛みってどれくらいだった?という質問に答えられないこと。後は、下半身に力が入りにくいので、いきむ感覚が中々つかめず、中々上手くいきむことができなかったことくらいだと思います。

 

無痛分娩をやっている産院

大都市圏の東京や大阪ではかなり多く、田舎でも、県庁所在地のある都市などでは、2~3つくらいの産院が実施しているようでした。芸能人が出産するような、山王病院などでは、もちろん実施しています。麻酔を打つことのできる医師がいるかどうかというところだと思います。

 

無痛分娩にしてしんどかったこと

唯一しんどかったことは、下半身への力の入れ方が難しかったので、上手くいきむことが出来なかったことぐらいです。陣痛の感覚は分からないですが、機械で確認しているので、いつ、赤ちゃんに酸素を送ってあげればよいか。いつ、いきめばよいかは医師や看護師さんや助産師さんがしっかりと教えてくれます。

「しっかりといきんで」「今は、赤ちゃんに酸素をしっかりとおくってあげて」と声をかけてくれるので、それにあわせて従っていけばよいだけ。

自然分娩だと、この酸素をおくってあげるのが痛みが強くて中々難しかったりするのですが、しっかりと酸素を送ることが出来るので、赤ちゃんはラクだったんじゃないかと思っています。お母さんがしっかりと酸素を送ってあげないと、赤ちゃんはとても苦しくなってしまうので、この点では無痛分娩の方法の方がしっかりと酸素を送ることが出来ると思います。

私は、初産なのに陣痛が始まってから6時間程度で出産でき、周りのお母さん達の中には、全くいきまなくても出てきてくれた。と言った声もあり、上手くいきむことができなくても、比較的スムーズに赤ちゃんは出てきてくれるんだと思いました。

 

感動はしっかりと味わえる

産道を通る感覚はしっかりとあり、赤ちゃんが出る感覚もしっかりと味わえて、自分で産んだ!と、しっかりと思うことができました。赤ちゃんがおりてくる感覚、出てくる瞬間はしっかりと分かり、自分で産んだんだ!という感動はしっかりと味わうことが出来ました。

 

無痛分娩にして良かったか?

結論から言うと、無痛分娩にして良かったと思っています。5人でも何人でも産めると思ったし、産後の回復も早かったです。

里帰り出産しませんでしたが、産後は本当にラクで会陰切開の傷が少し痛むくらいでした。会陰切開の際も、麻酔が効いているので、急遽切開することになりましたが、全く痛みはありませんでした。産む直前まで、笑いながら談笑したり、家族に電話やメールをしていたほどでした。

先生の腕によるものはあるかもしれないというのは比較できないところですが、入院中、他の無痛分娩を選択して出産したお母さん達も、一人として痛かった。といった声は聞こえてこなくて、お金の問題以外はデメリットは全くない。次に産む時も無痛にしたい。と言った声ばかりでした。

 

無痛分娩での出産は本当に痛くなかった

無痛分娩での出産は本当に痛くなかったし、一緒の産院で無痛分娩で出産したお母さん達からも、一人として、痛かった!といった声は聞こえてきませんでした。