子育てハッピー生活

妊娠・出産・子育て・育児のことをメインに、共働きでの仕事との両立・家事・料理や、気になる・役に立つニュース・ネタとか更新してます。

ステロイドは本当に毒なのか

ステロイドはよくないと聞くことが多い。しかし、小児科や皮膚科で、子供が痒がるんです。というと、ではお薬出しておきます。と言ってよく出されるのがロコイド等のステロイド軟膏。ステロイドって、特に気にしなければ医師も薬剤師も、ステロイドですよ。ってわざわざ教えてくれたりしない。塗り方も、どうぞご自由にというような感じで出される。

何も知らないまま何日か使ってみると治る。でもまた暫くすると、痒がる。また塗る。これを繰り返すと、前回よりも長い日数を塗らないと治らなくなってくる。長い日数でも治らないと、次は少し強めのステロイドを塗らないと効かなくなってくる。これが、大人になる迄に酷いアトピーを助長させ、強力なステロイドがなければ生活出来なくなってくる。ステロイドがないと、痒くて痒くて、正常にいられなくなる。皮膚はどんどん黒ずんでいく。ステロイドは毒だ、ステロイドは悪だ、ステロイドを出す医師は何も患者の将来を考えてくれていないのかと思う。

これがステロイドに対する一方の見方。ステロイドに頼らなければ、こんな大変な目にあわなかったのに。ステロイドは絶対に使うべきではない。これは、事実だと思います。

一方、医師や薬剤師は、ステロイドは毒ではない。特に赤ちゃんや小児向けに出すステロイドは極めて弱く、害もない。しっかりと塗って治療してあげた方が、本人もしんどくないし、悪化を防ぐ事が出来る。なので、しっかりとステロイドを塗って下さい。保湿とステロイドをしっかりと塗れば、アトピーも治ります。と言います。これも、事実だと思います。

一方ではステロイドは絶対に使うべきではないといい、一方ではステロイドは絶対に使うべきだと言う。果たしてどちらが正しいのか、子供のアトピーで悩んでいる人からすれば、何を信じたらよいか分からない…私も痒がる子供を見て、悩んでいました。

しかし、とある医師のブログを見て、少し私なりの結論が出ました。ステロイド軟膏を使わずにアトピーを治す方法を実践してきたが中々治らず、最終的にこの医師の元にきたが、全身血まみれで目は虚ろで正気がなく、精神的にも肉体的にも限界で、死の一歩寸前まで追い込まれていたと。痒くて痒くて仕方なくて、沢山掻いて、血まみれになって、痒すぎて遊べなくて、眠る事も出来なくて、ずっと搔きむしりまくって、それがまだ小学生にも満たない幼い年齢で、痒くて掻く事だけが人生の全てになっているかのようだったと。親も非常に辛かったと思いますが、これを我慢しなければ、アトピーは治らないと、心を鬼にしていたのだと思いますが、あまりの酷さに耐えれなくなり、駆け込んだようでした。

親の気持ち、子供の気持ちを考えると、いたたまれなかったです。

色んな意見がありますが、ひとまずは、今、子供があまりしんどくないようにしてあげようと思いました。

ステロイド軟膏の善悪以外にも、西原式、家庭保育園、ベビーパーク等で、アトピーの原因は、アレルギーにあり、それは0歳、1歳に与えるたんぱく質が原因になっている。2歳までのたんぱく質は毒である。という考えもあるようで、そこについても、たんぱく質をあげるタイミングを非常に悩んでいましたが、少し結論が出たので、また私や周りの経験をもとに、詳しく書いていきたいと思います。